魔術、魔法関連書籍(黄金の夜明け魔法大系)


【黄金の夜明け魔法大系】 全6巻  責任編集:秋端 勉
 「現代魔術の草分けであり、その高等深遠な教義により西欧の魔術界を席巻した秘密結社『黄金の夜明け』団の神秘の教えを総覧する著作群。これらの知識と技を極め実践した日本の魔術師たちが体験の深みを加えて翻訳する日本初公開の本シリーズは、初心者から専門家まで魔術の世界に踏み入る者が避けることのできない必須の研究書である。」(出版社図書目録より)



黄金の夜明け魔術全書(上)

\5,000(税別)

【黄金の夜明け魔法大系1】 黄金の夜明け魔術全書(上)
 イスラエル・リガルディー編/江口之隆訳

 わが心は隠されし『光』の知識を求めたり・・・。英国魔術結社の最高峰『黄金の夜明け』団。占術、幻視、変身術・・・・・・。その実践魔術の奥義が禁を破り、遂に開陳される! 魔術師志願者必携のエンサイクロペディア!
 英国最大の魔術結社であり、現在の殆ど全ての魔術団体に強い影響を及ぼした「黄金の夜明け」団の包括的テキスト。団の教義文書、副講義、儀式文書などを総括し、最初の秘儀参入者であるニオファイトから実践魔術の達人とされるアデプタス・マイナーまでの具体的な教育法と秘密の儀式、カバラの奥義が語られる。魔術研究に不可欠の聖典。

 上巻である本書には有名な小五芒星儀式をはじめ、基礎知識その他の講義文書を含む第一巻、およびニオファイト儀式、アデプタス・マイナー儀式、春秋分点儀式などの様々な儀式次第を掲載した第二巻を収録。

目次参照

400ページ
発行 国書刊行会







黄金の夜明け魔術全書(下)

\5,400(税別)

【黄金の夜明け魔法大系2】 黄金の夜明け魔術全書(下)
 イスラエル・リガルディー編/江口之隆訳

 われら、汝を『暁の星』団に受け入れん・・・。西洋思想史の陰画、隠秘学界の絢爛たる華『黄金の夜明け』団。その神秘的教義を理論的に解明し、宝瓶宮の時代により高次の精神的覚醒を促す奇跡の書!
 英国最大の魔術結社であり、現在の殆ど全ての魔術団体に強い影響を及ぼした「黄金の夜明け」団の包括的テキスト。団の教義文書、副講義、儀式文書などを総括し、最初の秘儀参入者であるニオファイトから実践魔術の達人とされるアデプタス・マイナーまでの具体的な教育法と秘密の儀式、カバラの奥義が語られる。魔術研究に不可欠の聖典。

 下巻である本書には五芒星儀式、六芒星儀式、四大武器、喚起や変身術等の文書を含む第三巻、および霊視、タットワ、タロット占術からエノク魔術にまで触れる第四巻を収録。巻末には訳者江口之隆氏による解説を掲載。

目次参照

624ページ
発行 国書刊行会







飛翔する巻物

\4,175(税別)

【黄金の夜明け魔法大系3】 飛翔する巻物 高等魔術秘伝
 フランシス・キング編/江口之隆訳

 達人への道、これより他に無し! 門外不出の秘伝として真の魔術師のみに継承されてきた「黄金の夜明け団」高等魔術の奥義書『飛翔する巻物』の全貌を公開。達人の技と叡智が遂に伝授なる!!
 黄金の夜明け団は、参入者の第一団、達人の第二団、不可視の達人の第三団から構成されていた。第二団における高等実践魔術のテキストである本書は、本シリーズ第1・2巻と対を成す書である。

 全ての『飛翔する巻物』を収録!!

目次参照

352ページ
発行 国書刊行会







英国魔術結社の興亡

\3,786(税別)

【黄金の夜明け魔法大系5】 英国魔術結社の興亡
 フランシス・キング/江口之隆訳

 稀代の魔術師ここに集う! 薔薇十字団、フリーメイソンに遡る秘密結社の系譜。その光輝に満ちた歴史を黄金の夜明け団を中心に辿る魔術史の古典的名著。
 1967年、謎に満ちた黄金の夜明け団の歴史的資料が発見された。この偉大な団を中心に、メイソン、神秘の薔薇十字団から現代英国の魔術結社に至る流れを多数の資料を元に構成した、魔術史を語り研究する上ではずすことのできない一冊。

 魔術界の歴史を一望し理解を深めるとともに、読み物としても十二分に楽しめる一冊です。

目次参照

292ページ
発行 国書刊行会







カゴの中を見る/精算する    カゴを空にする