タロット・カード(クラシック)

現存する最古のタロットの一つとして知られるヴィスコンティ版や、現在のタロットのルーツになったとされるマルセイユ版など、このページではタロットや神秘学の歴史上でも重要な役割を占めたクラシックなタロットとそのアレンジ版等を中心に掲載しています。

※パッケージ画像にリンクのあるものはクリックするとカードの一部等を含む拡大画像が見れます。パッケージや裏面のデザインなどは予告なく変更されている場合がありますのでご了承下さい。



古典タロット連続復刻プロジェクト



TAROT DE MARSEILLE Edition Millennium

\7,300(税別)

▼ミレニアム版マルセイユ・タロット
 古典タロット連続復刻プロジェクトの立役者の一人でもある、フランスの研究家ウィルフリード・ウドゥアンによる記念碑的マルセイユ・タロット。マドニエ版をベースに徹底的な研究を重ね、線の精度や細部の描写、色の濃さ、肖像のセンタリングや方向付けに至るまで、神聖幾何学に則って厳密な修正を施したという、ミレニアムエディションの名に恥じない、伝統的であると同時に新しいマルセイユ・タロットが誕生しました。
 (78枚、64×122mm)

 限定1500部生産品、シリアルナンバー付き。

 発行:Yves Reynaud(フランス)







TAROT NICOLAS CONVER 1760

\6,800(税別)

▼ニコラ・コンヴェル版タロット
 マルセイユのマスターカードメーカー、ニコラ・コンヴェルによって、1760年にフランスのマルセイユで製作されたとされるタロット。研究家が分類するところの「タイプ II」のマルセイユタロットを代表する版の一つ。フランス国立図書館、英国大英博物館、および日本の福岡県大牟田市の三池カルタ・歴史資料館の貴重な所蔵品に基づいて復刻されました。

 マルセイユ出身の研究家イヴ・レノーが立ち上げた「古典タロット連続復刻プロジェクト」の第七弾。
 (78枚、64×122mm)

 限定1500部生産品、シリアルナンバー付き。

 発行:Yves Reynaud(フランス)

*品切中






TAROT PIERRE MADENIE 1709

\6,800(税別)

▼ピエール・マドニエ版タロット(新版)
 今を去ることほぼ300年前、フランス・ブルゴーニュ地方の中心都市ディジョンで生まれたピエール・マドニエ版は、数多ある「マルセイユ系」タロットの中でも確実にその歴史的重要性において筆頭に挙げられるべきデッキの一つです。現存するものとして世界で唯一の完品であるスイス国立博物館の所蔵品をもとに、現物のサイズや厚み、色合いや裏模様、さらには当時の包装紙まで忠実に再現し、復刻版として望みうる最高の品質を実現しています。

 マルセイユ出身の研究家イヴ・レノーが立ち上げた「古典タロット連続復刻プロジェクト」の記念すべき第一弾としてとりあげられたマドニエ版を新たにリニューアルしたのがこの新マドニエ版です。旧バージョンではオリジナル尊重のため残していた「ゴースト」(白地の部分に他の札の線が転写されたもの)を新版では出来る限り除去。また彩色のはみ出した部分もオリジナルを損なわぬ程度に修正が施されています。
 (78枚、64×122mm)

 限定1500部生産品、シリアルナンバー付き。

 詳細ページ

 発行:Yves Reynaud(フランス)

*品切中






TAROT JEAN-PIERRE PAYEN 1713

\6,800(税別)

▼ジャン=ピエール・パヤン版タロット
 1713年アヴィニョン製のジャン=ピエール・パヤン版タロット。1710年にアヴィニョンに落ち着いたマスターカードメーカー/彫刻家のジャン=ピエール・パヤンによって1713年に完成されました。プレイングカード史研究家の間で分類されるところによれば、リヨンのジャン・ドダル版などとともに「タイプ I」というグループに属するもの。本版の元になっているのはスイスのラ・トゥール=ドゥ=ペにあるスイスゲーム博物館、フランスのイシー=レ=ムリノーにあるプレイングカード博物館、アメリカのイェール大学のバイネッケ図書館に所蔵されているもので、これまで再発売されることのなかったこれらのデッキの初めての復刻となります。

 マルセイユ出身の研究家イヴ・レノーが立ち上げた「古典タロット連続復刻プロジェクト」の第五弾。
 (78枚、64×122mm)

 限定1500部生産品、シリアルナンバー付き。

 発行:Yves Reynaud(フランス)







TAROT CRAUDE BURDEL 1751

\6,800(税別)

▼クロード・ビュルデル版タロット
 1751年フリブール製のクロード・ビュルデル版(バーデル版)タロット。デザインはピエール・マドニエの息子ジャン=バティストによるもの(1739年作)とほぼ同じながら、いくつかの注目すべき細部やデコラティブな数札のデザイン、美麗な色遣いも相俟って見る者を魅了します。今回の復刻は仏マルセイユのヨーロッパ・地中海文明博物館所蔵品をオリジナルとしたもので、本格的な復刻は今製品が初となります。

 マルセイユ出身の研究家イヴ・レノーが立ち上げた「古典タロット連続復刻プロジェクト」の第四弾。
 (78枚、63×117mm)

 限定3000部生産品、シリアルナンバー付き。

 詳細ページ

 発行:Yves Reynaud(フランス)







TAROT FRANCOIS HERI 1718

\6,800(税別)

▼フランソワ・エリ版タロット
 1718年ゾーロトゥルン製のエリ版は現存するスイス製タロットとしては最古とされるもの。マドニエ版から9年ほど後に製作され、分類上も同じタイプに属するデッキながら、マドニエ版には見られない興味深い特徴をいくつか持っています。イヴ・レノーの調査による新たな発見によって全78枚のカードが揃った形での発売となりました。タロット史上貴重なデッキを蘇らせた偉業の復刻版デッキです。

 マルセイユ出身の研究家イヴ・レノーが立ち上げた「古典タロット連続復刻プロジェクト」の第三弾。
 (78枚、69×125mm)

 限定3000部生産品、シリアルナンバー付き。

 詳細ページ

 発行:Yves Reynaud(フランス)

*品切中





クラシック・タロット(マルセイユ、ヴィスコンティ、etc)



mamanmiyukiタロット

\2,857(税別)

▼mamanmiyukiタロット (第4刷)
 ピエール・マドニエ版をベースに、現代の日本で製作されたマルセイユ・タロットです。タロットのタイトルにもなっている占い師のmamanmiyuki氏によって、古典的なマルセイユ・タロットの良さを失わないよう、細部まで丁寧に再現して描かれているとともに、日本人にとっては表情が特に親しみやすくなっています。いつでもバックに入れて持ち歩けるミニサイズ。

 (78枚、43×80mm)

 日本語&英文解説書付き。

 製作者サイト(リンク)

 発行:La Mer(日本)







mamanmiyukiタロット
スタンダード版

\3,900(税別)

▼mamanmiyukiタロット スタンダード版 (第2刷)
 ピエール・マドニエ版をベースに、現代の日本で製作されたマルセイユ・タロット「mamanmiyukiタロット」のスタンダードサイズ版です。古典的なマルセイユ・タロットの良さを失わないよう、細部まで丁寧に再現して描かれているとともに、日本人にとっては表情が特に親しみやすくなっています。ユーザーからの待望に応えて製作された標準サイズ版。

 (78枚、61×112mm)

 日本語&英文解説書付き。

 製作者サイト(リンク)

 発行:La Mer(日本)







TAROT DE MARSEILLE
(CAMOIN)

\5,000(税別)

▼カモワン・タロット
 ニコラ・コンヴェルの末裔フィリップ・カモワンと、「エル・トポ」や「ホーリー・マウンテン」などのカルト作品でも知られる映画監督アレハンドロ・ホドロフスキーが生涯を費やして復活させたマルセイユ・タロットです。鮮やかな色彩、付け加えられた象徴、視線の強調などいくつかの特徴があり、愛用者も多いマルセイユ版のひとつです。(78枚、70×120mm)

 発行:LO SCARABEO(イタリア)/フランス製

*品切中


Golden Tarot of Marseille

\3,500(税別)

▼ゴールデン・タロット・オブ・マルセイユ
 1751年に出版されたクロード・ビュルデルによるマルセイユ・タロットを元にした復刻版です。オリジナルの輝かしいカラーを再現し、金色を強調することによってゴージャスな仕上がりになっています。(78枚、66×120mm)

 発行:LO SCARABEO(イタリア)



Tarot of Marseilles
(LOSCARABEO)

\2,700(税別)

▼タロット・オブ・マルセイユ
 16世紀頃に登場した木版画によるタロットの原型と言われるのがマルセイユ版タロットです。マルセイユ版タロットは現代のタロットカードの原点として今でも広く愛好されています。よりシンプルで記号的な絵柄であればこそ、人々はそこにより多くの隠された精神やイメージを引き出すことができるのだとも言えるでしょう。このデッキは1751年に出版されたマルセイユ・タロットの復刻版です。イタリア−ロスカラベオ社製。(78枚、66×120mm)

 発行:LO SCARABEO(イタリア)



The Classic Tarot
【日本語解説書付き】

\3,612(税別)

▼ザ・クラシック・タロット 【日本語解説書付き】
 これは、1835年にカルロ・デラロッカがミラノで出版したデッキの復刻版です。ロスカラベオ社は、失われてはならない芸術的、文化的伝統の普及と保存に貢献するという思いから、歴史的に重要なデッキの販売に踏み切り、19世紀の最も華麗な絵のなかに「クラシック・タロット」の伝統、神秘、ゲーム、美しさがここによみがえりました。(78枚、66×120mm)

 ※日本語解説書付き(翻訳:渡辺京子)

 発行:LO SCARABEO(イタリア)



The Medieval Scapini Tarot

\2,500(税別)

▼ザ・メディバル・スカピーニ・タロット
 イタリアのアーティスト、ルイジ・スカピーニが中世の象徴体系と神秘学の伝統を盛り込んで制作したタロット・カードです。中世風に作られていますが、実際に発表されたのは1985年と新しく、中世の伝統的なデザインをベースにしながらも、オズワルド・ウィルトやアーサー・エドワード・ウェイトといった近代のオカルティスト達の影響をも受けているデッキといえます。(78枚、71×132mm)

 発行:U.S.GAMES(米国)



Oswald Wirth Tarot

\3,500(税別)

▼オズワルド・ウィルト・タロット
 著名なオカルト主義者スタニスラフ・ガイタの弟子でもあったスイスのオカルティスト、オズワルド・ウィルトが、タロット=エジプト起源説を唱えた18世紀のオカルト主義者アントワーヌ・クール・ド・ジュブランの思想に基づいて製作したタロットです。エリファス・レヴィが主張した大アルカナの22枚とヘブライ文字の対応がこのデッキにも反映されています。(78枚、71×111mm)

 発行:U.S.GAMES(米国)



The Golden Tarot
The Visconti Sforza Deck

\3,800(税別)

▼ザ・ゴールデン・タロット:ザ・ヴィスコンティ・スフォルツァ・デッキ
 現存する最古のタロットと呼ばれる、15世紀当時のヴィスコンティ・スフォルザ版デッキを、金色をふんだんに使って再現したデッキです。ヴィスコンティ版タロットは現存するタロットの中で最も古く、また最も美しいものの一つであると言えるタロットで、これらのカードはルネッサンスのシンボリズム、および当時の手の込んだ細密画の中でも傑出したものの一つとして認知されています。(78枚、85×165mm)

 Mary Packardによる専用英文解説書(176ページ)
 サテン製のタロット・クロス(パープル)
 特製ハード・ボックス・パッケージ

 発行:Race Point Publishing(米国)

*品切中


カゴの中を見る/精算する    カゴを空にする